ergo sum

健康ブログであるような、ないような

はてなダイアリーからの引越しにつきリニューアル模索中。

引き続きどうぞよろしくお願いします。

卵は屋外放牧の鶏から


f:id:cypres:20221107031808j:image
f:id:cypres:20221107031846j:image

スーパーで買うほとんどの卵は、屋外で地面を踏んで育った(en plein air)鶏のものだ。こころなしか美味しいような気がする。

一番高いのはBIOの餌で、かつ屋外放牧のもの。二番目は屋外飼い。三番目は室内だが地面で育ったもの。四番目はケージ飼いだがほとんど見つからない。

ケージ飼いがなぜよろしくないのかはググっていただければわかるが、人間でも大きな網目の上で生活すれば足が金網に引っかかって思うように歩けず、やがて足は変形し、異常なストレスがかかることは想像できるだろう。

日本の卵のほとんどがケージ飼いだ。虐待されている鶏の卵を毎日食べていることになる。

EUは動物の福祉にも気を遣っていて、ケージ廃止のほか、オスのひよ子の保護も行っている。採卵用に生まれたひよ子のうち半数のオスは、役に立たないからと殺される場合が多いのだが、殺さずに育てている農場の卵は青いパッケージで、動物の福祉Bien-Etre配慮卵と表記されている。

写真のように卵ひとつづつに刻印があって、判別ができ、トレーサビリティがしっかりしている。

0=Bio、1=屋外、2=室内の地面

FR=フランス産

その後の記号は鶏舎番号で、どこでどういうふうに育てられたかがわかる。写真の卵は屋外飼いのフランス卵だ。

おまけに卵のケースはプラスチックは完全撤廃されて、どのカテゴリでも紙パックだ。かえってプラスチックより割れにくい気がする。

キノコ煮

きのこ煮

セペ茸と黒茸

フランスのキノコは日本のキノコとは全く種類が異なるので面白い。

今年は猛暑のせいで豊作だったようで、セペ茸がたくさん取れたとニュースで報道しているのでマルシェで買ってみた。

セペ茸というと、よく小説で「セペ茸のように禿げた」という比喩を見かける。

形と大きさはマツタケみたいだが、味はシメジみたいだ。

一緒に黒いキノコ(黒茸と呼んでいる)も売っていたので買ってみた。

黒茸の見かけはキクラゲに似ているが、もっと味があってすごく出汁が出る。

セペ茸と一緒に煮込んだら真っ黒な汁になってしまったが、味は深みがあってよかった。

こうやってときどき謎のキノコ汁やキノコ鍋を楽しんでいる。

「自然か自然でないか」

症状があって薬局に薬を買いに行くと、真っ先に「自然な薬か、そうでない薬か」と聞かれる。

頭痛薬も、歯の痛め止めも、睡眠薬も、サプリメントも、全部そう。

yoccyanさんの書かれていた「葛根湯」など、漢方や生薬や自然食品が第一選択になる。

症状が激しくて、副作用があっても構わないから一刻も早く治したい、というときだけいわゆる合成薬を選ぶことになる。

日本にいたときは当たり前のようにロキソニンなどを飲んでいたけど、代替物があったんだなあと気付かされる。

昨日は「ビタミンCください」と言ったら、やはり「自然か自然でないか」を聞かれた。

「自然」の場合はアセロラのBIOの粉末、「自然でない」場合は水に溶かす発泡剤など。

サプリメントというと、アメリカの某薬通販会社のサイトで「自然でない」カプセル剤をバンバン買っていたのだが、少し考え方を改めたくなった。

 

実はヨーロッパは中世からずっと修道院やお酒の醸造所などで生薬を研究する伝統があったのだ。

ハーブやエッセンシャルオイルコーナーがとても充実している。

こういうの、いいなあ。

プロポリスも10EURくらいでキャンディーが買えた。

 

今日の午後はBIOショップで、安眠用に「バレリアンとホップ」のミックスを買ってみた。バレリアンは睡眠を促す作用、ホップは睡眠を延長させる作用だそうで。

みなさま、Good night!

サケビバ!は「若者アル中戦略」

国税庁が若者に飲酒を勧める「サケビバ!」キャンペーンのニュースを見て、のけ反った。

国民の健康を守る義務のある政府が税収アップのために、健康を損なう恐れが高く、かつ発がん物質としてもエビデンスのあるアルコールを若年層に勧めるというのだからだ。

(フランスでは1991年からエヴァン法でアルコール飲料のTV広告自体が禁止されている)

とくにアルコールは乳がんの発症には確実に影響していることは言っておきたい。

 

この構造は、吉野家の役員が牛丼の女性消費者を増やすために「生娘をシャブ漬け戦略」と発言したのと全く同じで、「若者アル中戦略」だ。

文字通り、そのまんま。

しかもこちらは国が税金を使ってキャンぺーンを行うのだから日本ってすごい国だ。

 

コロナ感染者増大のさなかの旅行業界(二階)を富ませるための「GO TO」キャンペーン。

アメリカの型落ちワクチン在庫処理のための4回目ワクチン接種キャンペーン。

アメリカ小麦輸入拡大と食料自給率低下のための減反や反・米食キャンペーン。

ロリコン犯罪を招きそうなお色気童顔少女キャラを活用した自衛隊員募集や地方自治体振興キャンペーン。

被ばく量が大きくて効果に乏しい80年前の胃バリウム検査をいまだに健診のメニューに加えた「健康」推進キャンペーン(実は海外派遣労働者健診には胃バリウムが強制的に含まれていて、私は断るのにすごく労力を使った。アレルギーということにしたけれど)。

 

まあ某国の植民地であり、国内では政界と財界が癒着し、いろいろな宗教団体も跳梁跋扈する典型的な三流国なので、何があってもおかしくないのだけれど。

 

さ今回のキャンペーン、二つの背景が考えられる。

ひとつめは、タバコと違って、社内のコミュニケーションのために飲み会が必要であり、若者に社会性をもたせるためにアルコールには意義がある、と役人たちが本気で(!)考えていることだ。

せっかくコロナで無駄な飲み会がなくなったのだから、このままこの文化が消滅してほしい。

しかも飲み会はパワハラセクハラなど、勤務時間外のハラスメントの温床だ。

もうひとつは、若者への蔑視だ。

10代から選挙権を与え、コロナでは10万円配り、候補者に元アイドル歌手などを出しておけば、選挙で自民党に投票してくれるだろう。

あるいは投票しないでくれるだろう(=与党に有利)。

そしてブラック企業に就職して、ひたすら働き、ひたすら健康を害し、ひたすら税金を貢いでくれればそれでいい。

糖質だらけのコンビニ飯とアルコールで毎日を過ごしてくれれば、飲酒業界も食品業界も潤うから一石二鳥。

糖質とアルコールはうつ病の悪化にもかかわるので心を病む若者も増えてくるけど、因果関係は立証できないし。

・・・たぶんそんなふうに若者のことを馬鹿にしている。

 

せめてそれを息子に伝えたい。

このまま「フツー」の生活をしても、中年になる頃には、確実に病気になっているし、確実に年金も減っているし、もしかしたら医療保険制度もなくなっているかもしれないし、徴兵制度も始まっているかもしれない。

税金が国民の健康や福祉のために使われず、元首相の国葬など、一部政治家たちの見栄や私利私欲のために使われている。

それをおかしいと思う感覚をもってくれ。

自分の身は自分で守れる人間になってくれ!

 

・・・現在息子はひとり暮らしで、予想とおりカップラーメンや酎ハイを満喫しているらしく、心配になってついテンションが上がってしまった。どうかお許しを。

硫酸・亜硝酸塩・パーム油不使用

歯磨き粉

亜硝酸塩不使用

パーム油不使用

ひとつめの歯磨き粉には、「硫酸、着色料、合成香料0%」

ふたつめのハムには、大きく「亜硝酸塩不使用」

みっつめのお菓子には「パーム油不使用」

と書いてある。

それぞれの成分がなぜ危険なのかは調べていただくとして、日本の食品にはいずれも当たり前のように入っているものなので、「不使用」を探すことがとても難しいし、またそれが有害だということに気付きさえしない。

こうやって「**不使用」と書いてあれば、その**が有害であることがわかり、それ自体が啓蒙になる。

こういう記載を各企業が競って行えば消費者意識が高まるし、差別化すれば売れると思うのだが、日本ではむしろ逆で、業界どうしが護送船団みたいになって添加物の使用を続けている。

日本で流行ったのは「シリコン不使用」のシャンプーくらいかしら。

でもシリコンよりも、「ラウリル硫酸ナトリウム」の方が遥かに有害なのにどこの会社も減らそうとしていない。低コストの界面活性剤で泡立ちがいいから外せないのだろう。でもフランスで硫酸不使用の歯磨き粉があるのだから、その気になれば作れるはずだ。

筋肉100%のハンバーグ

安全な食品を選ぶには、とりあえずBIOの表記のあるものをスーパーで買えばよいのでわかりやすい。

この写真は出来合いのひき肉ハンバーグの写真だ。硬めだが、しっかりとした肉の味だ。

100%Muscle (筋肉100%)の表記、そして脂肪は「5%」以下なので、体脂肪率5%以下のフランス産の牛の筋肉だけを使っていることになる。Ingredients(原材料)の表記を探したが、どこにもなかったし、味も全くついていなかったので本当に100%の肉なのだろう。

それでは日本のレトルトハンバーグやファーストフードのハンバーグはどうだろう。

まず筋肉以外の部位がたくさん入っている。内臓、脳、脂肪など。そのほうがふかふかの食感になるから好都合だろう。狂牛病のときは汚染された脳がハンバーグにけっこう入っていたことが話題になって、マグドナルドは安全宣言をしていたが、実際はどうだったのか怪しい。

筋肉部分についても、どこかわからない外国の、しかも当然のようにグラスフェッド(草)ではなくて遺伝子組み換えトウモロコシで育った牛の筋肉だから、それ自体にもリスクがある。牛以外の動物も混ざり込んでいる。

さらに味付けや保存のために多様な添加物が入っている。某製品のwebサイトの記載をペーストしておこう。これを見ると、牛を食べているのか、薬品を食べているのかよくわからなくなる。でも砂糖と塩と油で味を濃厚にすれば人はそれを御馳走だと感じてしまう。

 

***

食肉(鶏肉、牛肉、豚肉)、たまねぎ(中国産)、パン粉、牛脂肪、粒状植物性たん白、牛スープ、植物油、ナチュラルチーズ、水あめ、りんごパルプ、粉末状植物性たん白、脱脂粉乳、乳たん白、卵白末、トマトペースト、みりん、たん白質濃縮ホエイパウダー、しょう油、食塩、砂糖、ポークエキス、小麦粉、ビーフエキス調味料、マッシュルーム、マーガリン、たん白加水分解物、ワイン調製品、ぶどう糖、希少糖含有シロップ、プロセスチーズ、醸造酢、砂糖加工品、香辛料、バター、チーズフード、調味エキス、牛乳、酵母抽出物加工品、酵母エキス、ポークエキスパウダー、乳たん白分解物、にんにく/増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、紅麹、カロテノイド)、加工デンプン、乳化剤、酸味料、香料、(一部に卵・乳成分・小麦・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

ヨーロッパのイチゴ

いちごとサクランボ

とまと




4月から海外赴任でパリ支社に来ている。

だいぶ生活が落ち着いてきたので何か書きたいと思った。

先進国の中で日本だけががんの罹患者数が増え、不健康な状態が悪化している。

こちらで生活したら、その理由が少し見えてきたので、そんなことを少し書いてみたい。

写真は近所の青空マルシェで買ったフルーツだ。いちごを見るとわかりやすいが、全部大きさが違うし、色も違う。本来果物とはそういうもののはずだ。そして一個一個成熟度によって味も違うが、果物らしい酸味があっておいしい。思えば日本のいちごは、全部規格品の同じかたちで、味も妙に甘くて(品種改良?)水っぽい。しかも農薬使用ダントツ第一位の果物なので、日本で食べるときは要注意だ。

マルシェでなく普通のスーパーで買っても、例えば枝付きトマトを見ればわかるように

大きいのもあれば小さいのもあり、昔子どもの頃に食べたトマトの味だ。なんというのだろう、気が抜けていないすっぱさと言うのかな。

それから日本にいるときは農薬抜きのために重曹やほたての殻を入れた水にしばらくつけておく習慣だった。すると、あっという間に水が黄色くなって、そして虹色の嫌なもの(これが農薬)が浮いてくるのだが、それが全くなかったので驚いた。

EUはきちんと法律で農薬基準が守られている。しかもテレビではネオニコ系農薬の危険性や有機農家の奮闘などがたくさん報じられている。ここで生活できることは本当にありがたい。知られてないが、日本は面積あたりの農薬使用量が世界1なうえに、しかもアメリカからの輸入圧力で、危ない食品をたくさん輸入している。